こばやし歯科

インプラント・入れ歯治療

歯を失ったときの治療法~インプラント・入れ歯治療~

歯を失ったときの治療法~インプラント・入れ歯治療~

虫歯歯周病、ケガなどで歯を失ってしまったとき、前歯のように目立つ箇所であれば治療をされる方が多いのですが、奥歯など見えない部分の歯を失った場合、はじめこそ違和感があっても、次第に慣れてしまい、そのまま放置される方がいらっしゃいます。
歯を失った部分を放置すると、空いたスペースに周囲の歯が倒れ込んできたり、咬み合う歯が伸びてきたりと、お口全体の歯列や咬み合わせが乱れる原因となります。こういった場合には、インプラントや入れ歯治療、ブリッジなどの補綴(ほてつ)治療が必要です。

歯を失ったときの治療法~インプラント・入れ歯治療~

インプラントや入れ歯治療には、それぞれ一長一短があります。横浜市神奈川区の歯医者「こばやし歯科」では、患者さんのお口の状態やライフスタイルに合わせて、最適と思われる治療法をご提案いたします。歯を失ってしまったときには、お早めにご相談ください。

インプラント治療とは?

インプラント治療とは?

近年注目を集める補綴治療が「インプラント」です。歯科分野でいうインプラントとは、人工歯根のことを指します。生体親和性の高い金属「チタン」で作られたスクリュー状の人工歯根は、人の骨との結合がよいという性質を持ちます。この特性を活かして、歯を失った顎の骨にインプラントを埋入し、上部に人工歯を取り付けることで、天然歯と遜色ない機能性と見た目を持つ歯が完成するのです。

インプラント治療とは?

まるで自分の歯のような感覚で咬めることや、顎の骨に刺激が伝わり、顎が痩せにくいといった入れ歯やブリッジにはない魅力があるため、近年治療を希望される患者さんが増えてきています。

インプラント治療の目的

インプラント治療の目的

インプラント治療には、歯を補うこと以外に重要な目的があります。それは、「あるべき咬み合わせを再び手に入れる」こと。整った咬み合わせであれば、しっかり咬める食事ができ、全身の筋力や骨格のバランスも整います。歯を失っても、しっかりとした咬み合わせを手に入れることで、お口周りの機能性が回復でき、生活の質(QOL)向上につながります。

インプラント治療の流れ

※表は左右にスクロールして確認することができます。

STEP1.
術前の様子
STEP2.
インプラント埋入
STEP3.
アバットメント装着
STEP4.
完成
STEP1.術前の様子 STEP2.インプラント埋入 STEP3.アバットメント装着 STEP4.完成

【専門医をご紹介します】

【専門医をご紹介します】

当院では、難症例のインプラント治療が必要と判断される場合には、専門医をご紹介しています。インプラント・口腔外科専門医であり、当院のスーパーバイザー小西雅也先生と、当院院長が共同で治療に当たることで、他の歯科医院では困難な症例にもしっかりと対応することができています。

安全・安心なインプラント治療のための取り組み

インプラント治療には、外科的手術が伴います。そのため、安全管理が非常に重要なポイントとなるのです。当院では、安全・安心なインプラント治療を実現するため、次のような取り組みを行っています。

滅菌 感染防止対策として、院内の衛生管理を徹底するとともに、治療に使用する器具はすべて細部まで滅菌処理を行っています。
滅菌
CT撮影 顎の骨の位置や形状、埋入する角度などをしっかりと把握するため、事前にCT撮影を行い、患者さんのお口の詳細なデータを取得します。3D画像で立体的に撮影することができます。
※CT撮影は提携医院にて行っていただきます
CT撮影
サージボーン
(ピエゾサージェリー)
人工歯根を埋入する前に、顎の骨を削る必要があります。当院では、三次元超音波振動を活用して切削することができるピエゾサージェリーを導入しています。顎周辺の血管や神経を傷つけることなく、安全に最小限の骨を処置できます。
サージボーン(ピエゾサージェリー)
10DR インプラント治療を行う前に、しっかりとシミュレーションを行う必要があります。当院では、インプラント治療専用のシミュレーションソフト「10DR」を採用。CTデータ等からインプラント埋入の深さや角度、面積などを測定し、コンピュター上でのバーチャル手術が行えます。
10DR
カムログインプラント 当院採用の「カムログインプラント」は、ドイツで開発されたインプラントシステムです。長期にわたる基礎研究・臨床研究に基づづいた信頼性の高いインプラントは構造的に人工歯根と人工歯の連結性が高く、欧米・アジア各国など、世界中の歯科医療現場で採用されています。

さまざまなインプラント治療にも対応しています

一般的に、安全性を確保するためインプラント治療には制約があり、「治療期間が長い」「顎の骨が足りないと治療できない」といったデメリットもあります。このようなデメリットを軽減し、インプラント治療を希望される患者さんに、できるだけ対応できるよう、当院では次のような特殊なインプラント治療にも対応しています。

抜歯即時埋入
通常のインプラント治療では、数ヶ月の期間、抜歯後の傷が治癒するのを待つ必要があります。抜歯即時埋入は、文字通り、抜歯後すぐにインプラントの埋入を行う方法で、治療期間の大幅な短縮が可能となっています。骨の状態によっては対応できないケースもあるため、事前の慎重な診断が欠かせません。
  • 抜歯即時埋入 Before
  • 抜歯即時埋入 After
サイナスリフト
インプラントを埋入する上顎の骨が薄い場合に、骨の厚みを増す治療法です。歯肉の横から上顎洞(上顎上部にある骨の空洞)を露出させ、直接持ち上げ、そこへ自家骨や骨補填材を注入します。
  • サイナスリフト01
  • サイナスリフト02
  • サイナスリフト03
  • サイナスリフト04
ソケットリフト
サイナスリフトと同様に、上顎の骨の厚みを増す治療法です。サイナスリフトとの違いは、インプラントを埋入する位置を下から持ち上げ、自家骨や骨補填材を注入します。
  • ソケットリフト01
  • ソケットリフト02
  • ソケットリフト03
  • ソケットリフト04
GBR法
顎の骨量が不足している場合に、骨の再生を促すことで、骨量を確保します。歯周病の外科的処置にも用いられている方法で、自家骨や骨補填材を入れた上に、メンブレンと呼ばれる特殊な膜を設置し、歯肉の侵入を防ぎながら骨の再生を図ります。
  • GBR法01
  • GBR法02

インプラント料金表

インプラント治療は保険適用外診療ですので、すべて自費となります。

術前検査   30,000円
手術 埋入手術(即時・二次とも) 200,000円
サイナスリフト 150,000円
ソケットリフト 40,000円
GBR/骨造成 30,000円
上部構造 オールセラミックス 160,000円
メタルセラミックス 120,000円
ハイブリッドセラミックス 100,000円
金合金鋳造冠 110,000円
義歯アタッチメント 50,000円
インプラント支台義歯 250,000円
ブッリッジポンティック 50,000円
プロビジョナル 10,000円
義歯アタッチメント交換(ダルボ) 15,000円
メインテナンス 4,000円
歯周外科手術 GBR・GTR 60,000円
遊離歯肉移植 60,000円
エキストルージョン 60,000円

※料金は税抜き価格です。
※装着後5年以内の再製は無料で承ります。ただし、継続的な定期検診の受診が条件となります。(2012.1~)

【メインテナンスが大切です】

【メインテナンスが大切です】

インプラント治療は、装着が完了しても継続したメインテナンスが欠かせません。人工物であるインプラントは、虫歯になることはありませんが、周囲の天然の歯ぐきはメインテナンスを行わずにいると歯周病と同様に「インプラント周囲炎」を引き起こすからです。インプラント周囲炎になるとせっかくのインプラントが脱落してしまうこともあります。

インプラントを長期にわたって使い続けるためには、しっかりとメインテナンスを受けましょう。当院では治療後1年は定期検診を受けていただき、その後も、ご自宅で丁寧なデンタルケアを続けていただきます。トラブルなく快適にインプラントを使うためにも、ぜひ続けてください。

院長から患者さんへ

院長から患者さんへ

インプラント治療では、失った歯の部分だけでなく、咬み合わせやお口の機能性を総合的に改善する治療をご提案しています。せっかくのインプラントが無駄になってしまわないように、メインテナンスも二人三脚でがんばりましょう。「インプラントにしてよかった」と患者さんに喜んでいただけるよう、誠意と技術力でお応えいたします。安心してご相談ください。

入れ歯治療

入れ歯治療

歯を失ったときに行う補綴治療のうち、古くからあるのが「入れ歯治療」です。そのため、あらゆる症例に対応でき、健康保険も適用されています。インプラント治療のような外科的手術が不要で、患者さんの歯型を採取し、調整しながら作る入れ歯は、高齢の方にも安心しておすすめできる治療法です。

保険と自費の違い

入れ歯治療は健康保険が適用されますが、自費でこだわった入れ歯をお作りすることもできます。それぞれの特徴を理解して、ご自身に合った入れ歯作りを選択しましょう。

保険診療で作る入れ歯 自費診療で作る入れ歯
  • 費用が安く抑えられる
  • 使える素材・材料・タイプが限定される
  • 見た目・機能性・使用感は自費に劣る
  • 保険適用ではないため高額
  • さまざまな素材・材料・タイプの中から選択可
  • フィット感・使用感・見た目・耐久性などにこだわった高品質な入れ歯が作れる

当院の入れ歯メニュー

レジン義歯 保険適用で作ることができる入れ歯は、レジン義歯に限定されます。歯ぐきや粘膜に当たる「床」の部分が歯科用プラスチック(レジン)で作られています。素材の性質から厚みが出るため、フィット感・使用感に慣れるまで時間がかかります。作成は1ヶ月程度と短期間で、壊れやすいけれども修理も簡単という特徴があります。
レジン義歯
金属床義歯 厚みが出がちな床に金属を使用することで、薄く丈夫な入れ歯ができます。熱伝導性が高い金属ですので、食べ物の温度が伝わりやすいというメリットもあります。
金属床義歯
ノンクラスプデンチャー 保険適用の部分入れ歯にある「金属バネ」の不満を解消する部分入れ歯です。歯ぐきに触れる部分がやわらかいシリコン製で、吸着して使用するため、フィット感に優れています。見た目に自然で、周囲の歯に負担をかけないというメリットもあります。
ノンクラスプデンチャー
マグネットデンチャー 磁力で入れ歯を保持する入れ歯です。歯根内部と入れ歯にそれぞれ強力な磁石を取り付けます。しっかり固定されるため、入れ歯特有のズレたりもたついたりといった不快感がなくなります。
マグネットデンチャー
シリコンデンチャー 歯ぐきや粘膜に当たる部分に生体用シリコンを使った入れ歯です。クッション性があるため、フィット感に優れています。咬みやすいため、歯ぐきへの負担も少なくなります。
シリコンデンチャー

料金表

金属床義歯(上下いずれか片側) 73,500円~
ノンクラスプデンチャー 63,000円~
マグネットデンチャー お問い合わせください
シリコンライニング(シリコンデンチャー) お問い合わせください

※料金は税抜き価格です。